中古車買取は年式が一番重要

中古車買取の査定では、さまざまな要素が絡み合って査定額が算出されます。その中でも特に重要視されているのが年式です。ではなぜ中古車買取は年式が一番重要なのかということになります。古い車でも状態が良ければ、それよりも年式が古い自動車よりも長く乗り続けることができる場合があります。しかし、そういった事情を加味しても中古車買取は年式がもっとも重要視されるのです。

これは単純に新しいものだから良いということと、実際に中古車を購入する側からの視点と、2つの要素が理由になっています。中古車が新品に比べて魅力が無いのは、誰もがわかることです。最新のものに比べると、どうしても古いものの価値は下がってしまうからです。そしてこれは、中古車を買おうと思っている人が一番気にする点だからです。

なるべく新しいものを、なるべく安く手に入れたい。そういう時に一番わかりやすい目安が、その自動車の年式なのです。しっかり試乗して確認するならともかく、とりあえず中古車を買うという時には、年式を見て決めるという人がほとんどなのです。もちろんこれだけが、中古車の価値を決めるわけではありません。数が少ないという理由や、その年式だけ特別できが良くて人気がある場合、中古車買取は年式だけとは別の意味で高値になることがあるのです。新しいモデルが出ると中古車の価格が下がるので、そこだけを見れば嬉しいことです。しかし中古車を売ろうと思っている人にとってみれば、そのせいで査定が低くなってしまうことがあるのです。

年式の古い車でも、査定の相場より高く売ることはできます。 その方法は、一社の見積りではなく、複数の会社から見積りをとることです。 車の査定価格は、会社によって変わります。各社ごとに、独自の査定基準を設けているからです。 一社の見積りでは、相場より安く売ってしまうという事態をまねきます。 必ず、複数社から見積りを取るようにしてください。 以下の無料サービスのように複数社からカンタンに見積りをとれるサイトを利用する方が多くなっています。



このページの先頭へ戻る